異国文化

こんにちは、短い短い秋。堪能していますか?
私は先日BBQにてさんまを頂きました。自然の中で頂くさんまは格別でした。

夜も朝も少し肌寒いくらいが丁度良いですね。
さて、今日はキナルLABOには初めて入荷した物のご紹介です。

DSC_2187-thumb-715x475.jpg

北欧のヴィンテージ家具です。こちらはチェスト

ヴィンテージにしかない風合い、月日を重ねて来たからこその滑らかさ。そしてツヤ。
アメ色に仕上がったチークは北欧家具ならではですね。

DSC_2255-thumb-715x475.jpg

こちらはビューロー。棚の真ん中上部に鏡が収納されています。棚を引き出すとデスクとしてもお使い頂けます。

北欧とは主にスウェーデン、ノルウェー、フィンランド、そしてデンマークをさしています。

北欧の家具がシンプルで装飾の少ないデザインには理由があります。
長い冬の大半を家で過ごす彼らは丈夫で長持ちが基本。加えて飽きのこない使い続けられるデザインが必然的に生まれていったのです。

そんな北欧家具50年代には日本に輸入されていたのです。
主に木を使用した無駄のないデザイン。シンプルの中にある暖かみは畳や、竹、木材を多用して来た日本の文化にも馴染んでいたのかも知れませんね。

今になっても北欧家具が選ばれる理由は単にカッコいいからだけでなく、木の風合いが好きだったり、
日本のインテリアにも主張しすぎない北欧のデザインが浸透しているからではないかと思います。

写真の他にも数点入荷しました*まだ価格が付いていませんがfacebookに写真をはらせて頂きます。
お時間があればのぞいて見て下さい*

昨日の夢は「野良猫達がいつの間にかスズキ宅に集まる。」でした。半分迷惑。半分幸せ。スズキでした。

The following two tabs change content below.
スズキ【web】

スズキ【web】

キナル マネージャー
趣味嗜好:蕎麦 、コーヒー、キャンプ、登山、フレンチブルドッグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です