ブレゼでご飯を炊く幸せ♪

こんにちは!
キナルオンラインショップ担当のマカベです^^

アコさんこと、料理家の伊能勢敦子(いのせあつこ)さんに
連載していただくことになった「器コラム」。
コラム記事と写真が届きましたのでご紹介します♪

////////////////////
**
アコさんの食器スタイリングコラム

Table Ware Column : No, 08 **
////////////////////

稲穂が黄金色に色付きはじめ
そこかしこで稲刈りの風景を目にすることが多くなりましたね。
そう、新米を思う存分堪能できる季節になりました!

南部鉄器の鍋、琺瑯鍋、土鍋など
その日の気分で鍋を変えてご飯を炊いてきましたが
最近はスタジオMのコンパクトな白い土鍋
「ブレゼ」を使うことが多くなりました。

なんといっても白で清潔感があることが好ましい、
コロンとした形とピョコッとした取っ手もかわいらしく
つるりとしたさわり心地もたまらなく好きです。

我が家では毎回2合炊き、最初はガスコンロで沸騰させて
オーブンに放り込み加熱、取り出して20分放置するだけという簡単さ。

エ?オーブンでご飯を炊くの?
と思われる方もいらっしゃると思いますが…
私はそのほうがラクチンなのでよくやります♪

そうなんです、ブレゼは電子レンジもオーブンも使用可能なのです!
オーブンを使った土鍋での炊き方は
やってみると簡単なので一度トライしてみてください*

(もちろん土鍋は直火のみでの炊飯もできます)

★土鍋は使用する前に必ず使用取扱書を読んで目止め処理をしましょう。

お米2合をボウルにいれて十分に水ですすぎながらとぎます。
ザルにあけて水気を十分に切りブレゼご飯鍋に入れます。

同量の水(お酒小さじ1杯含む)塩ひとつまみ、昆布を上にのせ
最低でも30分は室温で馴染ませます。

蓋をしてガスコンロで強火にかけます(その間にオーブンを200℃に予熱)

フツフツーッ!と沸騰したのを確認したらオーブンにいれて13分加熱します。
時間が来たら鍋を取り出して20分放置するだけという手軽さです。

*キナルより補足
オーブンを使わない炊飯の手順について、
炊飯土鍋(ご飯鍋)にプリントをお付けしていますのでご安心ください♪

炊きあがったご飯、ふーっくら!

新米を楽しむにはシンプルなおにぎりが一番。
これにお吸い物や具沢山のお味噌汁とお漬物があれば立派なごちそうです。

おにぎりを握る時、全てを同じサイズにしたいので
アイスディッシャーを使ってすくい
手に塩を取りふーんわり優しく握ります。

この時、具をのせることを考慮して真ん中をくぼませるのがポイント♪
この時点で、すでにおいしそう…!

もっとおいしく頂きたいので、
今日はたらこやネギ塩ダレであえたエビ、じゃこと青じそを用意してみました。

最後はのせるだけ!

炊き立てのごはんには
ゲランドの岩塩入りの塩や梅塩
沖縄のぬちまーすなどを用意して
自分好みの味を探すのも楽しいものですよ♪

秋冬はブレゼを使って炊き込みご飯や煮込み料理を
子供達に向けてたくさんつくろうと思います。

食卓にそのまま出して蓋を開けた時の
「ワーッ!!」
と心が躍る喜びと期待感を
みなさまもぜひご家族でシェアしてみてくださいね。

→ 伊能勢敦子さん(アコさん)書籍はこちら


《登場したアイテム》
STUDIO M’ ブレゼご飯鍋
STUDIO M’ たたら 7寸焼締
STUDIO M’ エペ 鍋つかみ
FUTAGAMI 箸置き 結晶
FUTAGAMI 鍋敷き 星

いかがでしたか?
また次回をお楽しみに!

——————————————— —————
☆ Categori
料理家アコさん[器コラム](ブログ内カテゴリへ)
STUDIO M’ 商品一覧(キナルオンラインショップへ)
——————————————— —————

 

The following two tabs change content below.

キナル スタッフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です