たたら – 和洋使い分け編 –

こんにちは!
キナルオンラインショップ担当のマカベです^^

アコさんこと、料理家の伊能勢敦子(いのせあつこ)さんに
連載していただくことになった「器コラム」。
コラム記事と写真が届きましたのでご紹介します♪

////////////////////
**
アコさんの食器スタイリングコラム

Table Ware Column : No, 09 **
////////////////////

今回のコラムを書くにあたり
食器棚の整理もかねて手持ちの器を比較検討してみた時
「自分は四角い器がよほど好きらしい」と再認識しました。

大小取り混ぜてたくさん持ってはいるのですが
普段使いで気負いなく使えるものというと
スタジオM’のたたらが一番手にあげられるかもしれません。

焼締めの黒はシックな雰囲気
粉引の白は凛とした雰囲気をまとっています。

7寸の焼き物皿は取り皿で使用することが多く
9寸の長盛り皿は長細さを活かして
今の季節であれば秋刀魚の塩焼きに大根おろしとすだちを添える他
ケーキやフルーツ、ナッツ類を添えて盛り付けたりと
和洋問わず様々なスタイルで楽しんでいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇ まずは自由に組み合わせて「試す」&「楽しむ」!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

来客のある日にお勧めしたいのが
仕込みの途中でもかまいませんので
まずはキッチンで器を並べ
組み合わせを具体的にイメージする事です。

「たたらの長皿を軸にしよう」と決めたなら
小皿片手に「こっちがいいかな、あっちがいいかな」と
組み合わせを考えながら想像力を高めます。

この日は和食をつくりましたが
トルテュやガラスの器も合わせてみました。

「長いお皿ってどうやって使えばいいかなって考えちゃうよね」
と友人が話していましたが、
こんな風に長皿をみっつのステージにわける感覚で
手持ちの小皿と合わせて使ってみましょう。

ポイントとしては盛り付け過ぎないようにすることでしょうか。
「品よく引き算で」をモットーとしてみてください*

ブレゼで炊いたたらこバターご飯を添えて
あえて食卓に出して自由に食べてもらいます。

(前回のコラム:ブレゼでご飯を炊く幸せ♪

食べる時にゴマパラリ、
お醤油をほんの少したらすとおいしさが増します!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇ たたらをデザートプレートで使いこなす
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たたらにデザートを盛り付けてみるとこんな雰囲気になります。
この日は秋の定番おやつ、スイートポテトをメインに
あたたかい抹茶オレを添えてお茶の時間を楽しみました。

スイートポテトを斜めに並べて
粉砂糖でぱらぱらとお化粧しちいさなガラスの器に
ローストしたダイスアーモンドを添えただけのラフなスタイル。

7寸の取り皿には
アイスクリーム&ホイップクリームを別皿に盛りつけて
カトラリーをそえればティータイムのテーブルができあがりです!

写真を見ておわかりの通り、長皿の下に木のボードをしきました。
食卓にならべる際にわずかであっても
高低差をつけた方がスタイルがきまりやすいのです。

四角いお皿はあまり使った事がないという方も
他の器と組み合わせることでスタイリングしやすくなりますので
和洋問わずぜひトライしてみてくださいね。

→ 伊能勢敦子さん(アコさん)書籍はこちら


《登場したアイテム》
STUDIO M’ たたら 7寸皿
STUDIO M’ たたら 9寸皿
STUDIO M’ ブレゼご飯鍋
STUDIO M’ フルール ゴブレット 小
STUDIO M’ グリーズボウル S
STUDIO M’ 内外十草 飯碗
STUDIO M’ トゥピ ショートカップ
STUDIO M’ トルテュ プレートS、小鉢
Cutipol デザートスプーン、フォーク
FUTAGAMI 鍋敷き 星

いかがでしたか?
また次回をお楽しみに!

——————————————— —————
☆ Categori
料理家アコさん[器コラム](ブログ内カテゴリへ)
STUDIO M’ 商品一覧(キナルオンラインショップへ)
——————————————— —————

 

The following two tabs change content below.
アバター

キナル スタッフ

アバター

最新記事 by キナル スタッフ (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です