KIMIKO SUZUKI 鈴木仁子さんインタビュー 2/2

本日は、先週に引き続き、
キナルオーナー岩佐による鈴木仁子さんへのインタビューの模様をお届けします*
どうぞご覧下さい*

kimikosaishin.jpg

右から、鈴木仁子さん、キナルオーナー岩佐。

─ 制作風景について ─ 一番集中しているときは無音です。

岩佐
制作(デザイン)をしている時って、
どんな感じでされてるんですか?
例えば、音楽を聴きながら、お茶を飲みながらとか…

鈴木仁子さん(以下、仁子さん)
作る工程によって違いますね~
ひたすら磨くとか、
単純作業ならラジオを聴きながらやっていますね。
ラジオだと時間が、2時だなって目安としてわかるので。

岩佐
じゃ、その真逆の、すごく真剣な集中するときは?

仁子さん
その時は…一番集中しているときは無音ですね。
昔はテーマによって、
その音楽ばっかりを聴いていたりしていたんだけど、
最近は集中するときは無音だってことに気づきました。

岩佐
その集中する無音のときって、例えばどんな工程ですか?

仁子さん
やっぱり、アイシング(*2)で描いているとき、
一点ものをつくるときですね。
*2:通常はお菓子作りで焼き菓子を覆う
甘いクリーム状のペーストを指しますが、
仁子さんはその技法の材料を磁土に
変えて一点一点描いています。

kimikoup.jpg

レース模様を一点一点描いて焼しめたドローイングレースシリーズ。

岩佐
そうなんですね、ラジオを聴きながら作ったものなのかなとか、
お客様がその工程を知って仁子さんの作品を身に付けるのって、
気持ち的にも違ってくるのかなって思うんですよね。
作品の風景が想像できるっていうか…やっぱり作品って、
生き方みたいのが出てくるものだと思うんですがいかがですか?
仁子さんの性格や、趣味嗜好的な部分は出てると思います?

仁子さん
性格は出ると思いますね~(笑)

kimiko2bu-1.jpg

岩佐
あはっ(笑)
ご自分の性格はこんな感じって言えますか?

仁子さん
う~ん…
ブランドのコンセプト(*3)に憧れている部分があると思うんです。
その大切としている振る舞いをちゃんとするとか、
やっぱり出来ていない自分が多いので
そういう風になったらいいなぁと思って作っているので
決して私が、普段丁寧な感じではなく…
自分へのメッセージのような、お守りじゃないですけれど。
*3:「”大切”を身にまとうことで自然と女性らしい仕草を惹き出す」

岩佐
願望みたいな感じかな。

仁子さん
はい、そんな感じで作っていますね。

岩佐
それを知ってから、仁子さんのジュエリーを身に付けるのって、
何だか面白い連鎖ですね。
想いが繋がるっていうか。

kimikokonngo.jpg

─ 白磁を身に付ける ─ 50代以上の方にもオススメ。

岩佐
お客様にどんなふうに作品を使っていただきたい、
使っていただけたら嬉しいっていうような想いはありますか?

仁子さん
最初に白磁で作ったのが結婚式で、
花嫁さんは勿論付けていただいたりするんですけど
結婚式って呼ばれた側(参列者)は白い服が着られないじゃないですか、
その時に付けると、とっても映えるので、
結構、参加する側にもオススメしていますね。

岩佐
キナルのお客様は30代から50代の女性が中心なんですけれど…。

仁子さん
皆さん、結構白い色に抵抗があるようなんですが、
逆に、付けていただいた方がいいんですよ!
50代以上の方に白いピアスとか、
白いものが顔周りにくるとトーンが明るくなるので。
こういうのは付けた事がないという方も、
実際、付けるところまでいくと、
あら!となる方がいらっしゃるし…。

岩佐
それは背中を押す嬉しいメッセージですね!

仁子さん
一見ね、白は20代の方がってなるんですけど、
もちろん20代の方もいいんですけど、
わたしは50代以上の方に付けていただけると
嬉しいかなぁって。

kimikosuzuki3.jpg

展示販売会の様子1

岩佐
これは私の好みかもしれないけれど、
ものすごくシンプルなお洋服で、
素材感を含めて主張しすぎないところに
ポッとこの白磁のジュエリーがあると、
すごく映えると思っていて。

仁子さん
そう!なんか普段は適当な恰好なんだけれど、
これだけポッと白磁のジュエリーを付けるとなんかこう、
見栄えがいいので。
あるのとないのとで、カジュアル感が違う、
割とかっこいい恰好とか、シンプル目な感じの服に。

岩佐
ね、それがすごくいいと思うんです。
そのほうがかっこいいなって、うちも洋服を販売しているんですけど、
そんな華美なものは無いのですごく合わせやすいかなって思います。
お互いがバランスよく尊重し合うっていうか、ね。

kimikosuzuki5.jpg

展示販売会の様子2

─ これからの仁子さん ─ 素材や色にこだわらず幅を広げたい。

岩佐
白磁以外で、今後の展開もあったりするのでしょうか?

仁子さん
今は素材としてすごく焼き物、白磁が好きだし、
面白いから、たぶん全然作らなくなるってことは無いんでしょうけど、
コンセプトに沿っていれば素材はそんなにこだわらないというか…
作品になった場合は、違う素材が合っているのであれば、
そっちでもいいかなぁと。

岩佐
現在使用しているゴールドは別として、
そこに色が加わる可能性はありますか?

仁子さん
あ、それは、私おばあちゃんになったらすごくカラフルにしようと(笑)
なんかミャンマーの僧侶が描くカラフルな感じ
なんか勝手なイメージですけれど複雑な色があるとか。

岩佐
(笑)…そこに辿り着くまでの過程も面白そうですよね
儚げな感じをひっぱっていきながら、カラフルになっていくとか。

kimikosaishin4.jpg

岩佐
これからの仁子さんがとても楽しみです。
今後の予定やジュエリーの世界で、
こんな風にしてゆきたいとかありますか?

仁子さん
ここ何年かはジュエリーだけを集中して、
割と駆け足でずっとやらせてもらって、
もちろん楽しいし嬉しい事もいっぱいあるんだけれど、
作品よりの発表する空間や表現する部分も、
前に戻るじゃないですけど、幅を広げてもいいのかなと思っていて。

岩佐
もちろんジュエリーも新しいものが出るのは
すごく嬉しいので、また見たい!と思うんですけど、
私個人としてもキナルとしても、
仁子さんの発表する場があれば、必ず見に行きたいです!(笑)

仁子さん
(笑)ありがとうございます。

岩佐
お話を伺って、ほんと一つも無駄なものがないんだな~と思いました。
仁子さんのゆったりとした流れで、
40になっても50になっても60になってもみたいな
ひとつひとつ発表していかれることを期待していますね。

仁子さん
頑張ります(笑)

岩佐
(笑)今日はありがとうございました。

——————————————— ————-

先週から二週に渡りお送りしているインタビュー、いかがでしたか?

こちらからの質問に、最初から最後までひとつひとつ丁寧に答えてくださった仁子さん*
柔らかな笑顔が素敵でした*
その人柄がご自身の作品にも反映されているのだと感じます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは、また*
カワシマ

kimikosuzuki1.jpg

2016年 3月9日(水)~25日(金)迄、キナルLABOにて行われた
KIMIKO SUZUKI ー白磁の装身具ー 展示販売会の風景

——————————————— ———–

鈴木 仁子(すずき きみこ)

1980 東京生まれ
2004 多摩美術大学美術学部工芸学科陶プログラム卒業。
繊維製品品質技術検査機関勤務を経て、
2011年より白磁の装身具を発表。

●キナルオンラインショップ KIMIKO SUZUKI 作品一覧ページ

——————————————— ————-

【 お知らせ 】

6月7日(火)~7月8日(金)
点と線模様製作所 ten to sen 
岡理恵子さんデザインのアイテムを展示販売いたします*

——————————————— ————–

気になる点やご相談、お問い合わせはこちらまで。
キナルLABO   028-612-5618 
定休日:土・日
営業時間:13時-18時

——————————————— ————–

いいね!徐々に増えてきました。いつもありがとうございます*

キナルLABO←クリック*
http://www.facebook.com/kinaru.labo0720

The following two tabs change content below.

キナル スタッフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です