ラプアンカンクリ / ポケット付きウールショールの人気&おすすめカラーと選び方

こんにちは、キナルのミキです。
秋冬から春まで長く活躍してくれる、ラプアンカンクリ社のポケット付きウールショール。
毎年人気のアイテムに今年の新色が登場、キナルにも入荷してきました。


現在の取り扱いカラーは全11色。
ヘリンボーン柄のMARIAが6色、無地でふっくらと厚みのあるUNIが5色。
ここでよくお問い合わせいただくのが、「どのカラーが人気がありますか?」といったものです。

確かに、11色もあると選び方に迷いますよね。
どれも良いなと思ってしまうと、もう大変。いつまでも迷ってしまい、「こっちも良いけど、あっちも・・」といつまでも決められない、なんてことになってしまいます。笑
そこで今日は、当店で人気、またおすすめのカラーをご紹介したいと思います。


MARIA編

2色の糸で織られたヘリンボーン柄のMARIAは、自然な立体感を感じられる柔らかな雰囲気を持っています。
さまざまなコーディネートに合わせやすく、羽織るだけでおしゃれな雰囲気にしてくれるので、初めての1枚にもおすすめです。


 

不動の一番人気、何にでも合わせやすい MARIA グレー×ホワイト
グレー×ホワイトは販売当初から一番人気、ロングセラーのアイテム。
その人気はやはり合わせやすさにあると思います。
淡い色からダークトーンまでさまざまな服に合わせやすく、和服に合わせてもマッチします。
年齢、性別問わずお使いいただける普遍的なカラーなので、ご家族で共用もしやすいです。
合わせやすいだけではなく、1枚で雰囲気があるところも人気の理由のひとつ。
グレーは落ち着きも上品さも柔らかさも持っていて、おしゃれ見えするカラー。
初めての1枚にも、ギフトにもおすすめのカラーです。

■当店人気No.2MARIA ブラウン×ホワイト
ブラウン×ホワイトはグレーに次ぐ人気のカラー。
ナチュラルで暖かな雰囲気を持っていて、顔まわりを明るくしてくれます。
グレーよりも暖色系がお好きな方にはこちらがおすすめです。

スタッフおすすめの MARIA ブラック×グレー
ブラック×グレーはスタッフ所有率の高い、当店おすすめのカラー。
奥行きのある色合いは上品で大人の雰囲気があり、単色のブラックよりもやわらかな印象を与えてくれます。
コーデの引き締め役にも一役買ってくれ、合わせる色を選ばないのも嬉しいポイント。
ダークトーンに重ねれば深みのある上級者コーデに。
男女問わず気兼ねなく使えるカラーです。

 


 

UNI編

UNIを選ぶならお手持ちの洋服やイメージに合わせて

北欧の自然をイメージしたカラーバリエーションのUNIは、ベーシックカラーと差し色になる明るいカラーをラインナップしています。単色無地なので、お手持ちに柄ものの洋服が多い方にもおすすめ。また、差し色としても取り入れやすいカラーリングです。
お使いになる方のイメージに合わせて、ベーシックカラー(ベージュ、グレー)と明るいカラー(フォレストグリーン、モカ、レイニーブルー)どちらでもお好みのものをチョイスすれば間違いないと思います。

好きな色を纏うことで、気持ちが明るく楽しく前向きになる、ファッションの楽しみってそういうところだとも思うので、UNIに関しては「使って心地の良い色」という選択で良いように思います。


 

1枚目にオールラウンダーのMARIAを選んだら、2枚目には差し色になるお好きなカラーのUNIを選ぶのも楽しいですね。

UNIはMARIAよりも10cm短いので、ポケットの位置が少し上がってきます。低身長の方ならMARIAよりもちょうど良くポケットに手が届くかと思いますが、逆に高身長の方だとポケットの位置が少し高く感じるかもしれません。
それから生地は、MARIAに比べて厚みがあり、フェルトのような質感です。この辺りの比較はこちらで詳しくご紹介していますので、ぜひご覧になってみてくださいね。

 

■ラプアンカンクリ ポケット付きウールショール
 MARIA&UNI アイテム一覧は こちら

全色特典付き・専用ギフトボックスも

ただいまキナルではポケット付きショール全色を対象に、ちょっとスペシャルなご購入特典をお付けしています。
特典をセットにしたギフトボックスのご用意もありますので、これからのギフトシーズンにもおすすめです。(詳細はこちら
1枚あるととても便利で手放せなくなるラプアンカンクリのポケットショール。今年手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

—————————————————————–

気になる点やご相談、お問い合わせはこちらまで。
キナル オンラインショップ
お問い合わせフォームはこちら
TEL:028-688-7183(10:00 – 16:00)
定休日:土・日

—————————————————————–

The following two tabs change content below.