フィンランド外交樹立 100周年記念 Artek(アルテック)ウスタヴァスツール発売!

いよいよ春休みに突入し、ご卒業やご進学、退社に転勤に入社まで、たくさんの方々が新しい節目を迎えられているのではないでしょうか。

フレッシュで清々しい希望に満ちたイメージが強いので、わたしは春がいちばん好きです。またがんばろう!という気持ちになれます。

そして2019年は、日本とフィンランドが外交関係を結んで100周年を迎える年ということをご存知ですか?日本でもフィンランド大使館を中心に、イベントやプロジェクトが数多く企画されています。(イベントのご案内はブログの最後にリンクを貼っておきますね。)

そしてキナルLABOは、フィンランドを代表する家具メーカー・Artek(アルテック)の正規代理店ということもあり、スペシャルな企画をご用意させていただきます。

アルテックより、これまでのフィンランドと日本の深い親交を祝い、またこれからの末永い関係を願う特別なスツール、Stool 60Ystävä(ウスタヴァ)を、2019年年末までの1年間のみ日本限定製品として発売されます。

「Ystävä (ウスタヴァ)」は、フィンランド語で「友達・友人」を意味する言葉です。ウスタヴァスツールは、自然素材の個性と風合いを活かした特別仕様のスツールで、自然素材ならではの生命力と温かみを感じさせる木目が現れた座面に、あえて自然のままの節や模様のある脚を用いています。

アイノ・アアルトのテキスタイル「Kirsikankukka/キルシカンクッカ(桜の花)」のモチーフから作られた、特別なシンボルマークが。

従来のスツール60(税込¥24,840 *オンラインでは姉妹店vanillaで販売中)より自然素材の個性と風合いを活かした仕様に仕上げ、素材の選び方や製造工程や梱包方法を工夫することで、従来通りの技術や品質を維持しながらも日本とフィンランドの親交の証であるアニバーサリーイヤーならではのフレンドリーな価格(税込¥21,384)になりました。

スタッキングされても美しいデザイン。

また、こちらのウスタヴァスツールをご購入の方には新作テキスタイル「Kirsikankukka/キルシカンクッカ(桜の花)」の手ぬぐい(非売品)を先着順でプレゼント致します。

キナルLABOには、4月中旬の入荷を予定しています。2019年だけの特別な限定スツールですので、店頭でぜひ素材感の違いなどをご覧になってくださいね。もちろん、店頭には従来のスツール60も展示してあります。

届きましたらまた、キナルLABOのインスタグラムなどでご案内させていただきます。どうぞお楽しみに!

最後になりましたが、日本とフィンランドが外交関係を結んで100周年イベントのご案内です。わたしもお休みの日に行こう!と計画中です^^

アルヴァ・アアルト もうひとつの自然

 会期:2019年2月16日(土)〜4月14日(日)*月曜休館(4/8は開館)

 開催場所:東京ステーションギャラリー

 周りで何人も「行ってよかった!」と話してます。早く行かないと終わってしまう…と焦り中。

ムーミン展

 会期:2019年4月9日(火)~6月16日(日)会期中無休  

 開催場所:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)

 森美術館である展覧会はいつも楽しい!何度も通う大好きな場所です。

「ムーミンバレーパーク」開園!

  2019年3月16日、埼玉県飯能市にムーミンバレーパークがオープンしました。ムーミンの物語を追体験できるかなりボリュームのあるパークだそうで、サイトを見てるだけでワクワクします。行かなくちゃ!

この他にも、年末まで色々とイベントが開催されるようです。せっかくだから、ウスタヴァスツールとともに今年いっぱいスペシャルイヤーを楽しみたいですね。

イワサ

++++++++++++++++++++++++

キナルLABO(運営会社:有限会社NON VERSUS)は、Artek(アルテック)のオフィシャル・パートナーショップです。

アフターサービスからメンテナンスのご相談まで責任をもって承っております。

++++++++++++++++++++++++

気になる点やご相談、お問い合わせはコチラまで。
キナルLABO  tel: 028-612-5618
定休日  火 ・ 水 、日(不定休)
営業時間  平日13:00-17:00 土日祝13:00-18:00 ※変更になりました。
◆キナルLABOのインスタグラム⇒コチラ

++++++++++++++++++++++++

The following two tabs change content below.
イワサ【web】

イワサ【web】

趣味嗜好 旅行、ミュージカル鑑賞、美術館巡り、建築物探訪、勝手に用もないのに不動産物件活用の妄想。故郷の九州弁が抜けません。